2022年8月1日

パプアニューギニアから近況報告が届きました!

  • ボランティア・インターン
  • 皆さんこんにちは! インターン生の青山です。
    この2ヵ月間、スタッフの方や支援してくださっている方々の温かさを感じながら活動させて頂いております。引き続き、宜しくお願い致します。

    日本から南に飛行機で6時間30分ほど渡った国パプアニューギニアから、近況報告が届きましたのでお知らせします!

    オイスカプレイスクールの子どもたちが苗木を植えている様子
    研修センターでの植林の様子

    パプアニューギニアでは、これまで88の学校が「子供の森」計画に参加しています。また、1987年から研修センターを構え、畜産や野菜栽培、稲作、森づくりを学ぶ長期研修を行っています。研修センターの開所は、当時のパプアニューギニアの厚生大臣から手紙が届いたことがきっかけでした。「青年育成ならオイスカ」という情報を得て手紙を送ってくださったそう。素敵なご縁ですね。

    今回の報告は、今年4月から7月にかけて行った「子供の森」計画と研修センターでの活動が、子どもたちの元気な様子と共に綴られています。報告はこちらからご覧いただけます。
    昨年度の活動報告なども各国ごとに随時更新しているので、ぜひご覧ください。

    暑い日が続きますが、熱中症等に気をつけてお過ごしください!

    活動で育てた木々の下でスポーツをするタブタブル小学校の子どもたち
    この投稿へのトラックバック:

    アーカイブ