2021年7月30日

OISCAカレンダー紹介(7月編)

  • 本部スタッフ
  • 国際協力ボランティア
  • 国ボラ岡田です。

    もう7月も終わりのタイミングになりましたが、
    今月のオイスカカレンダーのご紹介です。
    先月分は、こちらをご覧ください。

     

    写真はクリックするとpdfファイルとしてダウンロードできます。ぜひご活用ください!

     

    7月

    ■卓上カレンダー

    卓上カレンダー2021_祝日改訂版_page-0008

     一面に広がるひまわり畑。沙漠化防止プロジェクトが行われている、内モンゴルの写真です。
    プロジェクトが行われている地区では、木々の伐採等により、数十年で急速に沙漠化が進んでしまいました。
    沙漠化防止プロジェクトでは、さらなる沙漠化を食い止め、地域に緑を取り戻すための研究や、研究成果の普及活動などが行われています。植えられるのは、漢方薬の原料となるソウソウと呼ばれる草など。地域の人達の現金収入の源となっています。住民の生活の安定と地域環境の保全の両立を目指す包括的な取り組みで、一歩ずつ、緑いっぱいの内モンゴルを目指しています。

     

    ■壁掛けカレンダー

    壁掛けカレンダー2021_祝日改訂版(データ小)_page-0008

     2017年に行われた、オイスカラバウルエコテック研修センター開設30年記念イベントでの一枚。
    パプアニューギニアには800以上の民族が存在するとされ、イベントでは部族ごとの踊りが披露されました。
    カラフルな色使いや草木をそのまま利用した飾りが美しいですね。
    センターは稲作の普及施設としてパプアニューギニア政府からも認定を受けており、スタッフはセンターでの研修生を対象にした稲作指導だけでなく、社会復帰プログラムの一つとして、受刑者に対しても刑務所で稲作を指導しています。

     

    8月編も、近いうちにご紹介いたします。ご期待ください!

    この投稿へのトラックバック:

    アーカイブ