2022年6月27日

「海の森公園」ボランティアに初参加してきました!

  • 国内スタッフ
  • 首都圏支部・事務局の上杉です。
    6月11日に首都圏支部が開催したボランティア活動に初めて参加してきました。

    その名は「海の森公園」ボランティア。「海の森公園」とは、東京湾の中央防波堤内側に造成された人工島です。ゴミと建設残土で埋め立てられた高さ30メートルの「ゴミの島」に苗木を植え、美しい森に生まれ変わらせようと、オイスカ首都圏支部も参画し、2008年~2016年春までに全体で約24万本の植樹が行われました。
    しかし、公園として開園はまだしていません。2025年春の開園に向けて、まだ一般の人は知らない、入れない場所で密やかに整備が進められています。

    当日は、公募で集まったボランティアの皆さま40名と一緒に、過去植樹した木の周りの下草刈りをしてきました。「下草」とありますが、もはや“下”ではなく、ほぼ人の背丈(150センチほど)もある草を抜く作業……。こんなに大きくなった草を抜くのは初めてで、力作業だと覚悟していましたが、引き上げるだけでスポッと抜ける。あまりの簡単さ&力不要さに、面白くなってついつい「無」になり、抜き続けました。隣で作業している方は慣れたもので、片手で抜いてもう片手に抜いた草を抱えていて、まるでその草を収穫している農家さんかと見粉うほどの美しい所作……う~む……プロに違いない……と確信する私。目指すべき「プロ」の姿を見た気がします。気づくと後ろには草の小山が出来上がりました。いや~草取りって面白いですねぇ。

    下草刈りで空いた場所に「オオシマザクラ」の苗木を補植しました。すでに2mを超える苗木ですから、本格開園を迎える頃にはきっと立派に育ち、お花見ができそうです。
    公園初ボランティアは楽しい記憶となりました。ボランティアの皆さま、本当にご協力ありがとうございました!!

    この投稿へのトラックバック:

    アーカイブ