HOME > 活動紹介 > 日本NGO連携無償資金協力 > フィリピン

フィリピン

災害に強い、森に守られた地域社会づくりプロジェクト

事業期間: 2015年3月〜3年間(予定)
上位目標:
  • 2013年11月にフィリピン中部を襲った台風ハイエンにより甚大な被害を蒙った水源涵養林・海岸林の再生、並びに、被災者や災害弱者の生計向上のための持続可能な産業の導入により、レジリエンスの高いコミュニティーを作る。
写真

2013年11月に発生した大型台風ハイエンは、フィリピン中部のヴィサヤス地方は、大きな被害をもたらしました。特にレイテ島東岸の被害は甚大で、津波により多くの家屋が流される、農業にも壊滅的な状態になりました。一方、ヴィサヤス地方の西端に位置するパナイ島アホイでも、多くの家屋が倒壊する一方で、水源林の森の80%が暴風雨でダメージを受けるなどの被害が出ました。
本プロジェクトはこの台風で被害のあったフィリピン中部のレイテ島東岸(タクロバン、タナウアン、パロ、トロサ)およびパナイ島アホイで、植林と被災民の生計向上を目指す事業です。
山間部のアホイでは、森林再生をはじめ、省エネかまど(熱を逃がさないよう工夫されているため燃費がよい)の導入のほか、住民の生計向上支援として持続可能な農業・農産物加工の研修、アヒルの飼育や卵の加工、養蜂組合の組織化や飼育施設の建設等を行なっています。レイテ島の森林再生活動では、住民の組織化と青少年も含めた住民への海岸林の重要性を説く啓発活動、植林とその維持管理、フィリピン国内で実施されている先行事例を学ぶためのスタディツアーも実施します。また、住民の収入向上としてモデルファームの整備と住民による実践を専門家の指導を仰ぎながら進めています。
初年度の2015年の活動は概ね順調に進み、レイテ島では6.7haのマングローブならびに海岸林を植林しました。モデルファームも整備され長期研修生8名、短期研修生計58名が持続可能な農業を学びました。
一方、パナイ島アホイでも、当初の予定通り破壊された水源林167haにおいて在来種や果樹を41000本植林するなど、森の回復がなされつつあります。アホイの持続可能な農業も、初年度予定通り、これまで当地で実施されていなかった、アヒル飼育や養蜂などが紹介され組織が出来、新たな一歩を踏み出すことができました。