HOME > 活動紹介 > 主な活動分野 > 海外開発協力

海外開発協力

海外開発協力

 オイスカは活動開始当初の1960年代、食糧危機に苦しむ人たちのため、日本から技術者を派遣して農業技術の普及に努めました。その後、食糧危機は収まりましたが、国づくりの基礎は農業を中心とした第一次産業をしっかりとやることだという考えを変わらず持ち続けています。

 現在も、農村部の人々が衣食住を満たしながら自然とも調和した暮らしを実現できるように、地域の住民とともに対策を考え、持続可能な開発を展開しています。特に、それぞれの地域にある資源を活かしたその地域にふさわしい方法を考え、有機循環型農業の普及や地域産業育成のための活動を展開しています。

海外開発協力

NGO連携無償資金協力

ミャンマー/フィリピン/インドネシア/タイ  (準備中)
インドネシア
スカブミ研修センター
カランガニアル研修センター
スリランカ
スリランカ研修センター建設計画
タイ
タイ有機農業普及プロジェクト
中国
上海交通大学オイスカ農業技術合作センター
パプアニューギニア
ラバウル・エコテック研修センター
定置型有機循環農業普及プロジェクト
バングラデシュ
バングラデシュ研修センター
東ティモール
東ティモール地域開発研修センター
フィジー
農林業開発・青年研修プロジェクト
フィリピン
アブラ農林業研修センター
バゴ研修センター
カンラオン研修センター
ミンダナオ・エコテック研修センター
ダバオ研修センター
パラワン研修センター
ネグロス養蚕普及プロジェクト
マレーシア
KPD/オイスカ青年研修センター
ミャンマー
ミャンマー農林業研修センター

終了した事業(現地移管プロジェクト含む)

アゼルバイジャン
リンゴ改良プロジェクト
インドネシア
チトラ・オイスカ研修センター
中部ジャワ・ダマック県地域開発基盤整備プロジェクト
ウルグアイ
EM技術普及プロジェクト
フィリピン
ヌエバエシア研修センター
教育支援プロジェクト
ブラジル
メルコスール農業後継者育成プロジェクト
ミャンマー
教育支援プロジェクト